実り豊かなシニアライフを応援する
カタログ『楽歳(らくさい)』。
年齢を重ねることをポジティブに
楽しむ方たちを訪ねました。

楽歳3号 生かされる場で咲きつづける。楽歳3号 生かされる場で咲きつづける。

相手の時間と舌にあわせる。それが、ほんまもんの“おもてなし”。若い頃、反発していた母親に気づいたら、そっくりな自分に苦笑い。喧嘩するのは、愛があるから。ちゃんと向きあっている証拠かな。

楽歳2号 いのちそだつしあわせ楽歳2号 いのちそだつしあわせ

「いただきます」は野菜や動物のいのちをいただく感謝のことば。樹齢1200年のあの杉の木からすれば、100年なんか、あっという間。いのちに不良品なんかない。みんな同じじゃなくていい。

楽歳創刊号 100歳を超えてわかったこと。楽歳創刊号 100歳を超えてわかったこと。

野球も人間も、三割できれば一流ですよ。孫を連れてきた娘が言った。子育てって偉業だね。忍耐力より、気にしないという心の強さ。その場しのぎの連続で、けっこう一生しのげる。